乳酸菌は種類によって効果が違う?ビフィズス菌やカゼイ菌の特徴や効果まとめ

乳酸菌サプリはその名の通り「乳酸菌」が主成分のサプリメントです。

乳酸菌とは生育に必要なエネルギーを得るためにブドウ糖や乳糖など糖類(炭水化物)を分解して乳酸を作り出す細菌の総称です。

乳酸菌は、農産物や食品からヒトや動物の体まで自然界に広く存在していて、発酵食品から口腔、腸管、膣のいわゆる常在菌としてヒトや動物の保健効果との関係で注目されています。

乳酸菌には大きく分けて「球菌」と「桿菌」の2種類が存在していることが知られています。

ただ、一口に乳酸菌と言ってもその種類は非常に多く、人類が現在までに種類が判別できている乳酸菌は10%程度とも言われています。

乳酸菌はその種類ごとに好きな食べ物や生産する物質が違うため、より人間にとって有用な乳酸菌を見つけるため、日々研究が行われています。

この記事ではそんな数多くの乳酸菌の中からサプリに配合されることが多い菌種について、その働きや特徴、人体への効果についてまとめてみました。

これを読めばあなたもきっと乳酸菌博士になれますよ!?

【乳酸菌の効果】エンテロコッカス・フェシェーム菌の働き

エンテロコッカス・フェシウムは、グラム陽性の非運動性球状細胞で、バクテリオシンと呼ばれる抗菌ペプチドを生成し、チーズや野菜の発酵に利用されています。

元は、不用な微生物の成長防止のために使われ始められたものです。

また、消化管内の有毒な細菌を排除するためのプロバイオティクスとしも使用されています。

フェシウム菌(エンテロコッカス)は、豚のプロバイオティクスとして使用されており、ブタの腸内細菌を変化させる効果があることが示されています。

らかになっていない点がありますが、多様な実験により、高濃度のプロバイオティクス株が病原性大腸菌の細胞数の減少を促す働きがあることが示されています。

球菌に対するプロバイオティクスのある構造による効果は特殊で、他の細菌の直接増殖阻害または促進効果があります。

って、品質の良い栄養を取り入れることにより、健康な豚を養殖するには、このフェシウム菌を体内に摂取させることが重要であると考えることができます。

出典

【乳酸菌の効果】ラクトバチルスカゼイ菌の働きや効果

ラクトバチルスカゼイ菌はヒトの腸内から発見されました。

内乳酸菌の中にはラクトバチルスカゼイをはじめとし、多種類のラクトバチルス属の細菌が生息しています。

ゼイ菌は市販されている発酵乳製品の製造にも多く使われており、整腸作用や免疫調節作用などの多様な有益な作用を有することが明らかにされている一方で、その作用メカニズムの解析も進んでおり、世界を代表するプロバイオティクスとして知られるカゼイ菌もあります。

ラクトバチルスガッセリー菌は、整腸効果、免疫賦活効果、抗肥満効果が期待されています。

の菌が作り出す乳酸によって腸内が酸性に傾き、酸に弱い悪玉菌が減少します。

の結果、善玉菌が優位となり腸内環境が整うのです。

た、臨床実験により、マウスにおけるNK細胞などの免疫細胞の強化や、ヒトにおける内臓脂肪の蓄積抑制の効果も確認されています。

らにこの菌は、腸に長い時間定着することができるということが研究で明らかになっています。

ラクトバチルスガッセリー菌は、腸内環境を改善してくれるという働きが認められています。

きて腸まで届く乳酸菌というものは複数ありますが、腸まで届いた後にその働きをしっかり発揮できているものは少ないとされています。

ラクトバチルスガッセリー菌は腸に届いた後に善玉菌を増やす働きや悪玉菌を減らす働きをしっかり行ってくれます。

定性のある乳酸菌なので温度や時間の変化で菌の状態が変わってしまう心配がありません。

乳酸菌の一種で、グラム陽性桿菌のラクトバチルス属ガセリ菌なのです。

素の有無に関係なく育つと言う通性嫌気性菌。

間の腸にたくさん存在すると言うビフィズス菌と並んで悪玉菌を抑え、腸内環境を整えてくれると言ういわゆる善玉菌でもあるのです。

た、そのガセリ菌を含有した乳製品がプロバイオティクス食品として製造され、そして販売されているのです。

えばヨーグルトなどが一般的に良く世間に知られている代表的な例である。

乳酸菌であるアシドフィルス菌から更に6菌株に細分化されたもののうちの一つがラクトバチルスガッセリー菌です。

ラム陽性桿菌のラクトバチルス属ガセリ菌であり、通性嫌気性菌の善玉菌として有名です。

アシドフィルス菌よりも更に腸管への親和性が高く、生きて腸まで届くという作用が強く腸内に長く留まるという特徴があります。

臓脂肪の低減効果や感染予防、NK細胞活性増強効果、ストレス軽減効果などがあります。

れを含むプロバイオティクス製品は数多く製造販売されています。

ラクトバチルスガッセリー菌(Lactobacillus gasseri)は、人間の腸内に多く存在している乳酸菌の1種です。

の特徴は酸素があってもなくても育つことのができる通性嫌気性菌であることや、ビフィズス菌と並んで悪玉菌を抑え腸内環境を整えることができる善玉菌の代表であることです。

の中の表層粘液層に結合して乳酸を大量に作ることによって、胃の中にいるピロリ菌の増殖を抑えます。

ロリ菌は胃がんの原因となる菌であり、日本人の約70%がこの菌に罹患していると言われているので、継続的にラクトバチルスガッセリー菌を摂取し、腸内環境を整えることが大切です。

出典

【乳酸菌の効果】ラクトバチルスジェンセニー菌の働き

イエンセン乳酸杆菌 (ラクトバシラス・イエンセン)は嫌気性、グラム陽性の細菌です。

女性生殖器内での主要な細菌で23%を占めています。

に生理期間中は、膣内を酸性(約pH4)に保ち、

病原菌から膣内を保護します。

また、本来の膣内の細菌叢とコロニー化する能力を持っているため、淋病、尿路感染症、クラミジア、

HIVなどの性病感染リスクを減らしたり、有害な膣内細菌に対する予防効果が期待できます。

さらに、イエンセン乳酸杆菌株は、特定のアミノ酸の含有量が多く、高い抗酸化作用もあるので、

ヨーグルトに代表される発酵乳にもその抗酸化成分が含まれているのです。

イエンセン乳酸杆菌は、腸の健康を維持し改善するための乳酸菌として使用が可能です。

の免疫を上げることによって、感染症を避けることができるので、無駄な炎症を減少、軽減する効果があります。

疫細胞の健康状態を改善する効果の関連が実験で明らかになり、タンパク質濃度を有意に低下させることを示した血液白血球、リンパ球数に対する顆粒球の比率、マクロファージの活性や抗体レベルの変換をさせない働きがあることが実証されました。

えて、イエンセン乳酸杆菌に関連する物質による効果は、その成長および生産性から、人体についても高い免疫力をもたらします。

出典

【乳酸菌の効果】ラクトバチルスデルブリッキ菌の働きや効果

ラクトバチルスデルブリッキ菌の生息場所は、ヨーグルトやチーズなどの酪農製品に限定されます。

の中にしか含まれない「乳糖」を好んでえさとし、その他の糖はほとんど利用できません。

ルガリクス菌の生育にはサーモフィルス菌が作り出す「蟻酸」が必要なため、ストレプトコッカス サーモフィルスと共存している場合がほとんどです。

ルガリクス菌はヨーグルトらしい風味の元である「アセトアルデヒド」を多く産生します。

さに、ヨーグルト菌の代表です。

ラクトバチルスデルブリッキ菌は一般にブルガリア菌と呼ばれるものです。

菌の主な用途はチーズ、発酵乳、乳酸菌飲料です。

ラクトバチルスデルブリッキ菌は人間の腸内に住み着けませんが、乳酸を作り出すことで整腸作用を促します。

酸は腸内を酸性に保つため酸に弱い悪玉菌は死に、善玉菌が増え腸のぜん動運動が活発にます。

ん動運動とは、臓器が収縮運動をして、内容物を移動させる働きのことです。

に大腸のぜん動運動が活発になることで便秘解消の効果があります。

た、免疫力を高める効果や、美肌効果も期待できます。

ラクトバチルスデルブリッキ菌は別名ブルガリア菌と呼ばれることもあります。

な用途としましては、チーズ・はっ酵乳・乳酸菌飲料に用いられます。

の乳酸菌は細長い棒状の形をしており、腸内には住みつくことができません。

果としましては、乳酸をつくり出し腸内の環境を整えます。

の菌がつくり出す乳酸は腸内を酸性に保ってくれるため、酸に弱い悪玉菌を死滅させてくれます。

の為善玉菌が多くなると腸のぜん動運動が活発になり、腸内の健康を維持することにより、便秘解消・免疫力向上・美肌効果などが期待できます。

ブルガリア出身の医学部生によって発見されたこの菌は、乳にしか含まれない乳糖を好んでえさとします。

の他の糖はほとんどえさとしないちょっとめずらしい菌です。

酸菌であるラクトバチルスデルブリッキ菌は、腸内にすみついて腸の腐敗を防ぎ、お腹の調子を整える役目を果たします。

ルガリアには長寿の人が多いのですが、その理由はこの国の人々がヨーグルトを毎日たくさん食べているからだと言えます。

のことは、ロシア生まれのノーベル医学生理学賞受賞のイリア・メチニコフによる「ヨーグルトによる不老長寿説」でも提唱されています。

【乳酸菌の効果】ラクトバチルスバラカゼイ菌の働きや効果

ラクトバチルスバラカゼイ菌は1891年ドイツのフロイデンライヒが、チーズの中から発見しました。

ゼイはラテン語でチーズの意味をすることからその名前が付けられました。

腸内には様々な細菌が生息していますが、このラクトバチルスバラカゼイ菌もその一種です。

カゼイ菌には、整腸作用や免疫調節作用などがあり、市販の発酵性食品、ヨーグルト製品などには良く配合されている最近の一つで、カゼイという名前は一般でもよく知られています。

ラクトバチルスカゼイ菌は、チーズに独特の風味をつける細菌で、腸内乳酸菌の中にも含まれています。

ゼイ菌は、乳製品の製造に使われており、整腸作用や免疫作用など有益な作用が多様にあることから、プロバイオティクスの代表として注目されています。

た、ラクトバチルスカゼイシロタ株を含む乳酸菌飲料の継続摂取には、出産後の便秘症状の軽減や痔の発症の低減の効果があることが、ヨーロッパでの飲用試験により認められています。

ラクトバチルスバラカゼイ菌はチーズから発見された菌で、人の腸からビフィズス菌などが発見される約10年前に、ドイツでチーズに微生物を研究している過程で、チーズの独特の風味をつける細菌を発見しました。

れがラクトバチルスバラカゼイ菌の最初の発見で、1904年に正式に発表されました。

腸内の細菌には、乳酸菌が多く生息していますが、乳酸菌の中にはビフィズス菌の他にガゼイ菌も多数含まれています。

販の発酵乳製品に多く使用されており、整腸効果や免疫調節作用などが期待できます。

ラクトバチルスパラカゼイ菌は、耐酸性、耐胆汁性及び人体安定性に優れています。

酸や胆汁に耐性があるため、生きて腸に届くのです。

た、病原性細菌抑制活性を持っており、腸内菌叢を変化させて有益な細菌を増加させ、下痢の発生度を減少させる効果があります。

害菌を抑制するため、腸内環境を安定化させる働きがあるのです。

原性微生物(大腸菌、サルモネラ、クロストリジウムなど)による感染性下痢、胃腸炎、炎症性腸疾患、神経性腸炎症候群などの腸疾患の予防や治療の効果も期待できます。

出典

【乳酸菌の効果】ラクトバチルスブルガリスク菌の働きや効果

インフルエンザの発症予防に効果があると注目されている菌種です。

糖体多く産生するということが特徴であり、この多糖体が免疫力を高めるためインフルエンザの予防につながっています。

性の多糖体がインターフェロンという物質をを増加させるため、これがNK細胞を活性化させます。

K細胞は体内に侵入してきたウィルスを攻撃する働きがあるため免疫力を高め細菌やウィルスに強い体を作っていくことが出来ます。

た、さまざまなアレルギー症状の軽減にも効果があるといわれています。

ラクトバチルスブルガリスク菌は、一般的にブルガリア菌と呼ばれ主にヨーグルトの培養菌として使用される最近です。

の菌は、ブルガリアに住む哺乳類の腸などに自生しており現在では人工的に培養され、サーモフィラス菌と組み合わせることによって相互作用を起こし㏗を低下させ、カゼインなどの乳たんぱく質の凝固を促します。

の時、発酵を促しつつアセトアルデヒドを生成することからヨーグルト特有の香りをつけるような働きをしています。

高い整腸作用があり便秘を改善に導きます。

ルガリア菌は腸内で乳酸を作り出すことで腸内環境を弱酸性に変えて、善玉菌の増殖を促し悪玉菌を抑制します。

胃酸や胆汁で死滅してしまったブルガリア菌であっても善玉菌のエサとなることで増殖を助けるとされています。

の免疫器官の7割は腸に集中していて、腸内環境を整えること自体が免疫力向上にも効果的と言われています。

た、ブルガリア菌によって腸内環境が整えられ悪玉菌が減ると、毒素の量が減り美肌にも繋がります。

出典

【乳酸菌の効果】ラクトバチルスブレビス菌の働きや効果

ラクトバチルスブレビス菌はプリン体の体内への吸収を穏やかにし、尿酸が蓄積されることで引き起こされる高尿酸血症を予防できる効果がある乳酸菌です。

リン体の一種「プリンヌクレオシド」であるイノシン、グアノシンを体内に吸収されにくいヒポキサンチン、グアニンに代謝変換することにより痛風や尿路結石などの疾患に対する予防効果があり、その他身体の免疫力をアップさせる効果や代謝を改善し肥満を抑制する効果などがあります。

「ブレビス菌T001株」は、京都の伝統的なお漬物である「すぐき漬け」から分離した植物由来の乳酸菌で、ウイルスやがん細胞などを攻撃するナチュラル・キラー(NK)細胞を活性化させ、ヒトが持つ免疫力を高める働きがあります。

近では、整腸作用をはじめ肥満抑制などの代謝改善効果やプリン体分解活性など、さまざまな効果が確認され話題になっています。

た、「ブレビス菌M003株」も京都のお漬け物である「菜の花漬け」から単離された植物由来の乳酸菌で、肝臓での脂肪蓄積を抑えたり、プリン体を分解し、尿酸値を下げる効果を確認しています。

ラクトバチルスブレビスKB290、通称ラブレ菌は、ウイルスから身体を守るために私たちの体に備わっている3つの主な防御メカニズムである、細胞傷害活性、インターフェロン(IFN) _α産生、抗体産生を活性化し、免疫力を高めることがわかっています。

ンフルエンザの流行期にラブレ菌を含む飲料を継続的に摂取すると、インフルエンザ罹患リスクを低減できる可能性が明らかになりました。

に予防接種を受けていない方に対して、より顕著な効果が確認されています。

出典

【乳酸菌の効果】ラクトバチルスヘルベティカス菌の働きや効果

ラクトバチルスヘルベティカス菌には紫外線による皮膚損傷の改善効果があります。

ラクトバチルスヘルベティカス菌はABST+法及び DPPH 法によるテストの結果、皮膚状態の改善を認めています。

また、SKH-1 ヘアレスマウスを使用したテストでも、脂質の過酸化レベルを修復などの効果が認められ、紫外線照射による皮膚損傷を改善する効果があることが証明されています。

またモルモットによる日焼け検査でも、美白効果が認められ、総合的に肌の色素沈着に対する改善効果、予防効果があると調査されています。

ラクトバチルス・ヘルベティカス菌を含む発酵乳の研究成果として、血圧調節作用以外にも疲労回復効果や動物実験での寿命延長効果、抗腫瘍効果、免疫賦活効果、ストレス低減効果、学習記憶力向上効果など、多くの生理機能が明らかになっています。

ラクトバチルス・ヘルベティカスCM4株は、特定保健用食品の「アミールS」にも使用しており、血圧調節作用のある「ラクトトリペプチド」(Val-Pro-ProとIle-Pro-Pro)を生成する能力が高い菌株です。

ラクトバチルスヘルベティカス菌は、高くなった血圧を緩やかに下げる効果が期待されています。

の菌の酵素がつくるラクトトリペプチドという成分の働きにより、 血圧を上昇させるアンジオテンシン変換酵素を阻害する作用があることがわかっています。

在ではこれ以外にも、血管内皮機能を改善する作用による動脈硬化などの予防、疾病の発生を遅らせることによる寿命の延長、免疫細胞の活性化による免疫賦活効果、睡眠の質や肌機能の向上など、様々な効果が期待できることがわかっています。

ラクトバチルスヘルベティカス菌は、「カルピス菌」の一種として知られる乳酸菌。

タンパク質を分解し「ラクトトリペプチド(高血圧対策に有効な特定保健用食品としての表示が認められている成分)」を生成するのが特徴です。

のラクトバチルスヘルベティカス菌を含んだ発酵乳には血圧調節に加え疲労回復効果が期待できるとされるほか、近年の研究によってストレス低減や記憶力アップなどといった効果も期待できることがわかってきています。

出典

【乳酸菌の効果】ラクトバチルスラクティス菌の働きや効果

 ビフィズス菌は、1899年に発見されてから、長い間、乳酸菌の一種であるラクトバチルス・ビフィダスとされていました。

内細菌がつくるポリアミンは全ての細胞内で作られる物質で、細胞の増殖に深く関連しており、細胞分裂がさかんな組織では高濃度存在します。

化はポリアミンを自分の細胞で作れなくなることから始まり、ポリアミンが健康を維持するのに必須の物質です。

クトバチルスラクティス菌は腸まで届きやすく、腸内細菌の働きを活発する事から、ポリアミンを生成を効果的に行い、老化防止に効果があるとされます。

ラクトバチルスラクティス菌は学名を「ラクトコッカスラクチス」といい、生乳やチーズ、バターなどの発酵食品からよく検出される乳酸球菌です。

の菌を1~2ヶ月継続して摂取する実験を行ったところ、若い世代は肌の弾力を取り戻し、毛穴の目立ちの改善が見られました。

た、50代以上には肌の水分量の減少が抑制されることが分かりました。

熱処理をされた菌でも同等の効果があったため、サプリメントやお菓子などに幅広く応用でき、冬場の乾燥対策に大変期待できる菌であると考えられます。

ラクトバチルスラクティス菌は、乳酸菌として注目されています。

製品を作る際にこのラクトバチルスラクティス菌は必要になります。

ーズ・サワークリーム・バターを使用する時にラクトバチルスラクティス菌を使ったり、様々な分野で活用している菌として、今、各分野で活用しています。

内環境を改善することができるため、良好な菌を体に取り入れることは重要になります。

酵食品からよく検出されることが多い菌であることがわかります。

ラクトバチルスラクティス菌はプラズマ乳酸菌に属します。

ラズマ乳酸菌には人の樹状細胞を活性化させることで間接的にナチュラルキラー細胞を活性化させる効果があると言われています。

た、とある実験ではプラズマ乳酸菌が風邪・インフルエンザの症状を軽くすることが報告されました。

じ実験により同菌を大量に摂取するとヒトの末梢血単核球中免疫細胞の抗ウイルス遺伝子の発現量が増加し、摂取者のウイルスに対する免疫が上がることが分かっています。

出典1出典2

【乳酸菌の効果】ラクトバチルスラムノーサス菌の働きや効果

ラクトバチルスラムノーサス菌は、プロバイオティクス乳酸菌として世界的にもよく知られており、摂取すると消化管や気道感染症の改善や予防効果が期待できます。

また、病原菌などの定着を抑制する作用もあり、近年発表された大阪府済生会中津病院の研究によると、造血器腫瘍患者の免疫疾患の治療にも活かせる可能性があるとのことです。

抗生物質を使った治療と免疫不全は切り離せない問題ですが、こうした乳酸菌の力で現場が改善されていくとよいですね。

ラクトバチルスラムノーサス菌は、肌の状態を改善させる効果が期待されています。

トにおける臨床実験で、この菌を摂取することにより、腸内細菌叢を変動させ、便秘の改善および肌の角質水分量が高まることが確認されています。

また、この菌は胃酸や胆汁に対して耐性があり、整腸作用も報告されているほか、抗アレルギー作用についても研究が行われています。

年北欧で行われた臨床試験において、小児のアトピー性皮膚炎の発症予防効果も報告されています。

ラクトバチルスラムノーサス菌は、 ヒト腸内から分離された乳酸菌で、その効果を検証するため投与前後試験を実施したところ、女性の便秘の改善および肌の状態を改善する可能性が示唆されています。

 特に、肌にとって水分保持は非常に重要であり、水分量の減少は、肌のバリア機能を低下させ、乾燥、肌荒れなどの肌トラブルを引き起こします。

ラクトバチルスラムノーサス菌( rhamnosus GG 株)投与により、腸内環境改善(便秘等)し、肌の状態を改善することが示唆されています。

乳酸菌サプリの口コミと効果|乳酸菌サプリは本当に痩せるのか調べてみました
タイトルとURLをコピーしました