乳酸菌サプリの好転反応とは?

乳酸菌サプリを飲み続けている人の中には、体調が悪くなる場合があるけれど、好転反応だからと思っている人もいるようです。

好転反応とは、漢方などの東洋医学で主に使われている言葉で、治療中に一時的に起きる体調の変化のことを指しています。

好転反応は、治療の過程において老廃物などの、体にたまっていたよくないものが出る際に起きるものと考えられており、症状としては眠気やだるさ、発疹や下痢、場合によっては発熱なども起こるといわれています。

しかし、これらは西洋医学から見るとまったく根拠のないものです。

乳酸菌サプリに限った話ではありませんが、もしも健康食品やサプリメントなどを飲んで、具合が悪くなった場合は、好転反応ではなく食物アレルギーなどを疑ったほうが賢明です。

乳酸菌サプリにはさまざまな種類があり、原料となる食品も異なります。

もしも、具合が悪くなったならば好転反応と思って我慢するのではなく、自分にあった乳酸菌サプリに切り替えるようにしましょう。

乳酸菌サプリメントは、サプリメントなのでお薬のような副作用の心配はありません。

しかし体質によって、まれに好転反応と呼ばれるものが起こる可能性はあります。

好転反応とは、体が良い状態、正常な状態に整えられていく過程で起こるもので、その反応が起こってしばらくすると落ち着いて健康な状態になっていくというものです。

乳酸菌サプリメントで起こりやすいとされている好転反応は、下痢や便秘です。

腸内環境を整えることができるサプリメントなので、腸内細菌のバランスが変化していく過程において、便秘や下痢などの症状がまれに起こります。

必ずしも全員に起こるものではないので、もし症状が出た場合は様子をみていきましょう。

落ち着けば特に問題ありません。

乳酸菌サプリに好転反応があるという口コミがありますが、好転反応のような症状が出る人もいますが、出ない人もいますので個人差があると言えます。

好転反応の症状も人それぞれで、おなかの調子がいつもと異なったり肌の調子に変化が出るといった、身体に何らかの変化が出るというのが好転反応ですが、これは身体の調子が整う過程で一時的に体調が悪くなったように感じることを言います。

もちろん、その後服用する前よりも調子が良くなることを前提とした反応ですが、好転反応が出る人もいれば出ないままおなかの調子が整ったり肌のコンディションが良くなるといったケースも多いですので、好転反応が無くても問題ありませんし、出てもすぐに調子が良くなるのが一般的です。

好転反応とは、体内が良くなっていくために、一時的に起きる体調の悪い状態の事です。

体内に溜まった悪いものを外に出そうとしているのです。

漢方薬にも同じような状況になることがあるそうです。

症状として特に多いのは下痢、腹痛、便秘など腸に関するもの、他に頭痛やめまい、吐き気、発熱が見られることもあります。

乳酸菌サプリを摂取すると体内で変化が起きます。

体の中で消化乳酸菌を作る必要が少なくなり、代謝乳酸菌を作るようになります。

体内を良い状態にしようと自浄作用がはたらいているのです。

好転反応持続期間は個人差があります。

短い人で数日、長い人で数週間に及ぶこともあります。

体内に不必要なものが溜まっている人ほど長くなってしまうようです。

あまり、長く続いて辛い人はしばらく中断して様子を見ると良いでしょう。

乳酸菌サプリを飲んだら、なぜか体がだるかったり、むくんだりする事はありませんか?

もしかして、乳酸菌サプリは体に合わないのかも、と思っていませんか?

これは、体が好転反応を起こしてるんです。

好転反応というのは、体内から毒素などを出す時に体が反応して起こる事です。

乳酸菌サプリが、きちんと体内で働いている証拠なので、心配する事はありません。

でも、好転反応の症状が、いつまでも続いたら心配になりますよね。

好転反応が出る期間には個人差がありますので、一週間以内の人もいれば、一ヶ月以上出ているという場合もあるので、症状が我慢出来ない時には、一度服用を中止して、体調と相談しながら、再挑戦するというのも、一つの方法です。

乳酸菌サプリの口コミと効果|乳酸菌サプリは本当に痩せるのか調べてみました
タイトルとURLをコピーしました